保存の仕方

お茶の劣化

お茶は繊細なため、高温、湿気、移り香、空気(酸素)を嫌い、これらの要素により味、香り、水色を損ねてしまいます。


保存のポイント

  • 涼しい
  • 湿気を避ける
  • 直射日光を避ける
  • 茶筒や密閉容器を使う

日常の保存

茶葉

毎日飲む分を茶筒に入れて、涼しい戸棚などで保存して下さい。

保存出来る期間は夏はおよそ2週間、その他の季節はおよそ1ヶ月です。それ以上の期間を保存する場合は、冷凍庫で冷凍保存して下さい。

抹茶

毎日飲む分を茶筒に入れて、涼しい戸棚などで保存して下さい。

保存出来る期間は夏はおよそ1週間、その他の季節はおよそ1ヶ月です。それ以上の期間を保存する場合は、冷凍庫で冷凍保存して下さい。

お茶の保存の仕方

冷凍保存(長期の保存)

飲みきれない分を長期保存する場合は、冷凍庫で保存します。

注意

冷凍庫での保存は以下の理由からお茶の味と香りを損ねるリスクがあります。

  • 完璧に密封することは不可能なので他の食材の匂いを吸収してしまう可能性があります。
  • 出し入れの温度差ででる結露により、茶葉が湿気を吸い香りが弱くなります。

ポイント

お茶の保存方法

開封済みの袋は袋を織り込みクリップなどで止めます。 シーラーがあればシーラーで止めるのがベストです。

お茶の保存方法

目に見えないピンホールから匂いが侵入するので、密閉出来る袋や容器で二重にします。開封前も同様です。

お茶の保存方法

使う時は常温に戻してから開封します。冷えている時に開封すると、より湿気を吸収してしまいます。