免疫力UP「エピガロカテキン」

緑茶を水出しする事により抽出されるエピガロカテキン「EGC」が免疫系の働きをよくするという「農研機構」の研究報告が注目されています!

エピガロカテキン「EGC」とは

茶カテキンは4種類の成分で構成されていますが、その内の1つが「エピガロカテキン(EGC)」です。このEGCは、免疫細胞のマクロファージの働きを活性化することがわかっています。

有能な免疫細胞「マクロファージ」とは

マクロファージは生まれながらに備わっている「自然免疫」と出生後、病原体や毒素などの異物と接することにより獲得される「獲得免疫」両方を併せ持つ非常に有能な免疫細胞です。 

水出しで「EGC」を抽出

冷水ほどEGCは多く浸出し、EGCの割合が高いお茶が作れます。つまり、EGCの効果を発揮しやすくなり、マクロファージの働きを活性化することにつながります。

今から免疫力UPで第二波対策

普段の食卓に水出し茶を取り入れることで無理なくEGCを摂取することが出来ます。お茶の爽やかな風味は、お食事との相性もとっても良いです!

水出し茶の作り方

出来量:800ml〜1000ml

冷水筒に茶葉かティーバッグを入れます。茶葉の場合は茶こし付きの冷水筒をお薦めします。

茶葉は7〜10g

ティーバッグは2〜3包み

ティーバッグは3g入りを想定


水を冷水筒の8分目まで入れます。

お茶が浸出するまで冷蔵庫で3〜6時間冷やします。

6時間程度冷やすとより深みのある味わいになります。前の晩に作っておくと便利です。


「茶葉の場合」

円を描くように冷水筒を回し攪拌させます。目安は下に沈殿した茶葉が全体に広がるまでです。

時間をかけて抽出しているので甘み・旨味成分が下に沈殿しています。


「ティーバッグの場合」

菜箸などでティーバッグを泳がせ浸出させます。目安は全体がウグイス色になるまでです。

ティーバッグ内に甘み・旨味成分がとどまっています。


お好みでグラスに氷を入れて注ぎます。作った冷茶は早めに召し上がって下さい。目安は二日以内です。


新茶で疫病退散

新茶はその年の最初(4月下旬〜5月中旬)に生育した新芽を摘み採り製茶したお茶です。この時期は冬を耐えた茶木が衣替えのため全勢力を新芽に集中させるので各種の有効成分が含まれ身体に優しい飲物として古来より珍重されており、新茶を飲むと一年間、無病息災で過ごせると伝えられています。

バランスの良い味わい

甘み・旨味・渋み・苦味のバランスの良い深蒸し煎茶、ご家庭用にもギフト用にも当店で一番人気の「東雲-しののめ-」をご紹介。新茶ティーバッグは「東雲」と同じ茶葉を使用しています。

初摘み新茶「東雲」

100g入 1080円

初摘み新茶「東雲」

200g入 2400円


初摘み新茶ティーバッグ

3g×15p 800円