蔵出し新茶

後熟の香味

5月上旬に摘みとり製茶した新茶を低温の蔵で秋の半ばまで寝かせることにより、若葉の生々とした風味は豊かなコクと芳醇な香りに変化します。これが「後熟の香味」といわれる蔵出し新茶の特徴です。

商品

狭山茶「若月」

100g袋入 定価 ¥1,296

狭山茶「東雲」

100g畳紙入 定価 ¥2,160


狭山茶「若月」

100g×2袋入 定価 ¥2,832

狭山茶「東雲」

100g×2袋入 定価 ¥4,620