狭山深蒸し煎茶「狭山昔 -さやまむかし-」

特上深蒸し煎茶「狭山昔」

¥2,160

  • 在庫あり
  • お届け日数:3~5日

ミル芽の味わい

お茶の芽がまだ柔らかいことを「みるい」といいますが、狭山昔で使われているのが、この「みるい」芽、通称「ミル芽」です。「ミル芽」から製茶したお茶は、甘み成分であるテアニン等のアミノ酸類を多く含み風味豊かで味に奥行きがある煎茶になります。

製法

5月上旬に芽吹く上質なミル芽を使い、蒸し、揉みの工程をゆっくり時間をかけて製茶。若葉のやさしい香りを壊さぬよう弱火で丁寧に火入れしました。

美味しい淹れ方

煎茶のいれ方 茶葉の量

茶葉の量

小さじすり切り一杯。

3gくらい。

煎茶の淹れ方 お湯の温度

湯を注ぐ

急須に65〜70度くらいのお湯を注ぐ。 

煎茶の淹れ方 抽出時間

待つ

30秒待つ。

煎茶の淹れ方 注ぎ方

注ぐ

交互に注ぎ、最後の一滴まで注ぐ。